トランクルームおすすめランキング

ハローストレージ

おすすめ度 ★★★★★
店舗数 全国1,200物件
月額使用料 1,500円~
事務手数料 使用料の1ヶ月分
管理費 当月から翌月分まで
更新料 使用料の0.5ヵ月分
解約料 0円

>> 公式ページを見る <<

キュラーズ

おすすめ度 ★★★★
店舗数 全国57店舗
月額使用料 3,000円台~
事務手数料 0円
管理費 0円
更新料 0円
解約料 0円

>> 公式ページを見る <<

宅トラ

おすすめ度 ★★★★
月額使用料 4,980円~

>> 公式ページを見る <<

スペースプラス

おすすめ度 ★★★★★
店舗数 全国450拠点以上
月額使用料 2,520円~
事務手数料 月額賃料の1ヶ月分
管理費 0円
更新料 5,000円(税抜)
解約料 0円

>> 公式ページを見る <<

サマリーポケット

おすすめ度 ★★★★★
月額使用料 250円~
預け入れ送料 無料
写真撮影 無料
初月保管料 無料
取り出し送料(全国一律): 800円/1梱包

>> 公式ページを見る <<

トランクルームとは

トランクルームという言葉を聞いたことがあると思いますが、一体どういうものかをご存知でしょうか。

自宅にはモノを置くスペースがなく、しかもたまにしか使わないけれども捨てることは出来ない、という物などを保管するためにあるスペースのことで、レンタルすることが出来るのです。

都会の生活では住む場所がどうしても狭くなりがちですので、マンションでは収納が少なくてどうしても荷物全部は入らない、ということも多いでしょう。そしてそれは会社でもいえることでしょう。

書類が溜まっているけれど捨てることは出来ず、今は使わない、とか、機材を置く場所がない、などの場合は会社でそのようなスペースをレンタルすることで解決します。ですから例えば大阪などでも格安で借りることが出来るおすすめのトランクルームはたくさんあります。

ハローストレージは福島、谷町、南堀江の3エリアで24時間利用可能で格安で借りることが出来る場所があり、キュラーズも新大阪、御堂筋、難波の3エリアで、手数料や管理費など一切不要のトランクルームを用意してあります。1ヶ月からの短期利用も大丈夫。その他箕面や豊中、市内などでたくさんのレンタルスペースが見付かります。

自宅や会社から近い場所に現在は使うことがない荷物を置いておけるスペースがあれば、普段使うスペースを広々と使うことが出来てとても便利だと感じるはずです。料金や管理体制など自分が納得できる店を探しましょう。

トランクルームの使い方

トランクルームは要するに個人的な倉庫ですから、その使い方は人それぞれで様々です。よくあるのは会社や自宅で収納することが出来ない服や雑貨、家具など季節のもの、現在は使わないけれどまたイベントなどがある時には使うものなどを置いておくとか、引越しや家のフォームなどで仮住まいのために一時的に荷物を避難させる場所としての利用、長期旅行に出るときに住む場所を解約して荷物だけを置いておくための利用などです。

そして珍しいことでは趣味の部屋として使っている人もいるのです。屋内型のトランクルームであればレンタル代は高めになりますが温度や湿度は管理されていますし、24時間いつでも出入りできるので、自分の書斎として使っている人もいます。本棚や机を置いてそこで気が向いた時に2,3時間趣味の世界に没頭するのです。家では家族がいて自分のスペースがない場合でも倉庫に自分の部屋があれば大丈夫、ということなのでしょう。

また、家族に内緒の荷物を置くために利用している人もいるようです。独身の時に集めて捨てることが出来ないフィギュアやレコードなど、自分にとっての宝物を保管する場所です。借りているということは毎月利用料金がかかりますから、格安のスペースを見つけることが長期間のレンタルでも耐えることが出来る秘訣です。

大阪で安くスペースを確保することはそんなに難しいことではありませんから、自分が通いやすい場所にお気に入りの倉庫を見つけて趣味の世界を堪能するのもいいかもしれません。

トランクルームの種類

レンタルのトランクルームには大きくわけて3つの種類があります。それは屋内型倉庫であるトランクルームと、屋外型倉庫であるコンテナボックスと、屋外型倉庫であるバイクボックス。

トランクルームはビルやマンションなどのフロアを壁で仕切って区切るなどしたスペースで、各部屋には鍵がついているのは勿論建物そのものの入口にも鍵がついていることが多く、セキュリティが高いということが特徴です。室内なので温度や湿度の管理が行われているので、湿気に弱い家具や絵画、骨董品などのコレクションも収納しておくことが可能です。部屋の広さによって料金は違って来ます。

大阪のような都会では中心部にいくほど屋外型ではなくビルやマンションを利用した屋内型の方が多くなっています。

そしてコンテナボックス。屋外の物置で、コンテナ倉庫やレンタルコンテナなどと呼ばれることもあります。コンテナは耐久性が高く移動や設置が簡単なため、利用されるようになりました。

格安で借りることが出来る倉庫はこのコンテナ型が多く、屋外設置であるために温度や湿度の影響を受けやすいので預けることの出来る荷物もカビが生えにくいものなどを選ぶ方が良いのですが、倉庫の前まで車で荷物を運ぶことが出来るので家具や家電など大きくて重いものを預けることでは便利です。

そしてバイクボックス。置くものをバイクに特化したコンテナのことで、ハーレーやドゥカティといった高級バイクやビンテージバイクの保管に使われます。通常のコンテナよりも施錠できる箇所やセキュリティ面を強化していることが特徴と言えるでしょう。

トランクルームの選び方

トランクルームを選び方は、まず何をどのくらい預けるかを基準に考えてから場所などを選びましょう。長期間預けることが決まっていて温度や湿度の管理がされていることが必要なものを預けるのであれば、室内型のトランクルームを借りなければなりませんし、期間が決まっていてあくまでも一時的に荷物を置いておきたい場合などであればレンタル料金が安くて荷物の出し入れがしやすいコンテナボックスが良いでしょう。

また、コンテナボックスであれば倉庫の前まで車で搬入することが出来ますが、室内型であればそうは行きませんから荷物の大きさなどでも変わってきます。一番良いのはいくつかの格安トランクルームをピックアップしてみて、実際に自分の足で行ってみることです。

例えば大阪で探すのであれば、市内で最寄駅から近い方がいいのか、少し郊外でもいいからセキュリティが強化されていることが大切なのかは人によって違いますから、何を置くかをまずは決めてからそれに合う条件の場所を探すようにしましょう。周囲の環境などは実際にそこに行ってみないことには判らないことが多いものです。

荷物の出し入れがしやすそうか人通りはどうかなど、自分の気になることをチェックしてから契約をすることが大切です。初期費用は倉庫によって違いますからいくつか比較検討する場合は最初にかかる費用のこともしっかりと聞くようにしましょう。退去時の決まりごとなども質問しておく方がいいでしょう。

トランクルームに必要な費用・料金

トランクルームを契約するときに必要な初期費用は、運営会社によって多少異なるのですが一般的には次の5つが必要です。

1、トランクルームの使用料、初月分の使用料(日割り計算)と翌月分。
2、管理費を初月分と翌月分。
3、事務手数料が1か月分の使用料に相当する額。
4、屋内用、屋外用それぞれにかかる鍵代。
5、セキュリティ登録料や保証委託料。

管理費や各種手数料や鍵代などは運営会社ごとに必要か不要かが違います。これら全てが必要な場合には、初期費用として使用料の3~5ヶ月分が一気にかかってくることになりますから注意が必要です。また会社によっては敷金や礼金などもかかる場合がありますから事前に調べておきましょう。例えば大阪でレンタル倉庫 格安として有名なハローストレージでは、敷金や礼金は一切かかりません。

小型スペースを借りた場合に5つ全ての料金合わせて15000円ほどで済ませることも可能で、クレジットカード決済を選択した場合には保証金が不要となります。

なお、コンビニ決済や振込みでは1ヶ月分の保証金が必要になります。また全国展開していて「綺麗、安心、べんり」をモットーにしている格安で有名なキュラーズでは、敷金や礼金、事務手数料、保証金、管理費、更新料や解約費の全てにおいて無料となっています。つまりキュラーズでかかる費用は最初の利用料とセキュリティカード発行代だけですので、同業他社と比べるとかなり安くなっていることがわかります。